Last time you looked at

料金・空室状況照会

ベストレート保証
(0-12歳)
コードをお持ちの方

プロジェクトのその後

プロジェクトのその後

サンゴはわずか数カ月で再生のきざしを見せ、海の生き物たちが次第に戻ってきました。 ダイブ・センターの正面にあるイエロー・ウォールというサンゴ礁の近くには、ウミガメがやってきました。 リゾート内の海中レストラン兼ワインセラー「Sea」の展望窓のすぐ外には、縞模様をしたミノカサゴやウツボ、明るいオレンジ色のカクレクマノミがやってきて、エサを探しています。 長い時間ねばって観察していると、イルカやトビエイが通り過ぎることもあります。

最初に植え付けたミドリイシやテーブルサンゴは1年もたたないうちに苗床全体を覆い尽くす勢いで成長しており、群落として定着した時点でそれより成長の遅い他のサンゴも植えつけることになっています。 現時点では、成長しきったサンゴの苗床はメンテナンスの必要があります。 群態をなしていないサンゴは別の構造物に移植するか、自然のサンゴ礁の上に戻してやらなければなりません。そうすることで時間をかけてさらに成長し、次第に増殖していくことができるようになるのです。 それが終わって始めて、ラグーンを美しいサンゴで覆い、人工のシュノーケリング・コースをつくるというアナンタラの計画は、最初の1歩を記したことになります。

 

ニュースレター購読お申し込み

アナンタラ・キハバー・ヴィラ

P.O. Box 2014
Kihavah Huravalhi Island
Baa Atoll, Republic of Maldives
電話:       +960 660 1020
FAX:      +960 660 1040
Eメール:  kihavahmaldives@anantara.com

アナンタラ キハバー, モルディブ サイトマップ