Last time you looked at

Quick Book Here

##hotel## on ##checkin## for ##nights## night(s)

料金・空室状況照会

ベストレート保証
(0-12歳)
コードをお持ちの方

プロジェクト誕生の経緯

プロジェクト誕生の経緯

モルディブは広大なラッカディブ海に広がっていて、環礁でできた国です。 サンゴ礁でできた小さな島が集まっていて、その周囲には青い水をたたえたラグーンがあります。 大海原に浮かぶバア環礁はこの国の他の地域と同様、異常気象や地球温暖化の影響を受けやすい場所です。

1998年にはエルニーニョ現象が原因で一帯の海水温が4℃も上昇し、モルディブの浅海性サンゴの90%以上が死滅しました。海水温上昇のストレスで共生して光合成によるエネルギーを補給してくれていた褐虫藻が体内から逃げ出したためで、そのためサンゴは白化してしまいました。 その後は再生が始まりましたが、今後も水温の変動が予想されることから、サンゴの生存が危ぶまれています。 したがって、バア環礁はいまだに人手による保護が必要です。

アナンタラ・キハバーが建設途上にあった2010年11月に、地元の海洋生物学者が海中にサンゴの庭をつくろうと、オーバーウォーター・プール・ヴィラのあいだの海中に鉄製の苗床を沈め、サンゴの苗を植え付けました。これがアナンタラのサンゴ保護の取り組みの最初の1歩です。 苗床は環境に負荷を与えず、海水や栄養分がうまく流れるようにできています。砂の中に埋めておくと、サンゴが自然状態より速く成長するのです。 バア環礁の海の生態系がこれ以上悪化するのを防ぐために、なくてはならない取り組みです。

ニュースレター購読お申し込み

アナンタラ・キハバー・ヴィラ

P.O. Box 2014
Kihavah Huravalhi Island
Baa Atoll, Republic of Maldives
電話:       +960 660 1020
FAX:      +960 660 1040
Eメール:  kihavahmaldives@anantara.com

アナンタラ キハバー, モルディブ サイトマップ